視力低下の原因

視力低下の原因

近年、子供・大人問わず視力の低下が問題視されています。

 

確かに昔と比べると眼鏡をかけている人の割合が増えてきている事に気付いている人もたくさんいると思います。

 

眼鏡だけではなくコンタクトレンズを使用している人も多いので、私達が思っているよりも近視の人が多いのが現状です。

 

ではなぜ近視の人が増えているのでしょうか?

 

それには様々な視力低下の原因が考えられます。

 

 

生活環境と視力低下

 

情報化社会となりパソコン・携帯ゲーム機・携帯電話など近くを見る機会が増えた事も近視の増加の原因となっています。

 

近くを見る時は近視と同じで網膜の手前でピントがあっている状態ですので、その状態を長く続けているとピント合わせをする筋肉も緊張してしまい、遠くを見てもピントが戻らずぼやけた状態になってしまうのです。

 

仮性近視の時はまだ目薬や訓練などで治る可能性もあるのですが、仮性近視の状態がずっと続くとそのまま近くでピントがあったままになり本当の近視になってしまう可能性があります。

 

よく「視力を良くするには遠くの山を見るといい」「窓の外の緑を見るといい」と言われるのは、遠くを見てこの緊張した筋肉をほぐす意味合いがあり、視力低下を防ぐために有効な事なのです。

 

現代社会では近業は避けられないものですが、近くを長時間見たらしばらくは遠くを見てしっかりと目を休めてあげる事が視力低下を防ぐ身近な方法といえるでしょう。

 

また、短期間で効率的に視力を回復させるには、アイトレーニングが効果的です。

 

アイトレーニングは、アイトレーング視快研 田中謹也が開発した視力回復トレーニングキットです。

 

アイトレーニングを実践して、実際に視力を回復した方は非常に多くいます。

 

詳細は、下記ページで詳しく解説しています。

 

アイトレーニング