近視とは

近視とは?

 

視力が良い人、つまり「正視」の人は網膜上でピントが合うのに対して、近視は遠いものを見た時に網膜の手前でピントがあってしまい遠くが見にくい状態の事を言います。

 

遠くはぼやけて見にくいのですが、網膜の手前でピントがあっているので近くは見やすいのです。

 

いつも眼鏡をかけている50代・60代の人が新聞を読むときに眼鏡をはずしてたり、頭の上に眼鏡をのせて新聞を読んでいる光景を見たことがあると思います。

 

これは近視の人は遠くを見る眼鏡をはずせば近くにピントがあっているので、老眼鏡を使わなくても近くを見る事が出来るのです(ただしこれは近視の度数にもより異なります)。

 

近視は大きく分けて、眼球の長さが長い「軸性近視」と、カメラでいうレンズの役割を果たす角膜と水晶体の屈折力が強すぎる「屈折性近視」に分類されます。

 

軸性近視は遺伝が関係しているのに対して、屈折性近視はピントを合わせる筋肉の緊張などの後天的な要素が原因となります。

 

子供によく使われる「仮性近視」は専門用語で「調節緊張」と呼ばれ、この屈折性近視の初期状態だと思っていただければよいでしょう。

 

 

 

子供の視力を回復する方法

 

大人であれば、最悪、視力が回復しなくても、コンタクトレンズやレーシックなども可能ですが、子供はそういうわけにはいきません。

 

子供のうちから、コンタクトレンズを入れるのは、少し危険ですし、目にもあまり良くありません。

 

それにメガネは、なるべくならかけさせたくないものです。

 

かといって、メガネをつけたり外したりすると、更に視力が悪くなる原因にもなります。

 

ですので、子供の視力が低下したのなら、まずは視力を回復させてあげる努力をするべきでしょう。

 

しっかりとした視力回復トレーニングを行えば、視力回復は可能です。

 

オススメな視力回復法は、アイトレーニングです。

 

アイトレーニングは、自宅でだれでも簡単に取り組める視力回復トレーニング法です。

 

アイトレーニングはこちら